!--アクセス解析タグ ここから-->

 

9番地 rue d'Antinの住人
Welcome to Electronic Ghetto. 気に入らない内容は読者の判断で回避する事をお勧めします。 This blog is not for immature/closed minded.  



-->


Top | RSS | Admin
スポンサーサイト

【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
------------------------------------------------------------
 スポンサー広告 | この記事のURL | Admin↑ | top↑






アンピュティ-(切断身体部分を持つもの)

【2005/10/14 13:30】

最近気がついた自分のフェチ。

義手義足。

または切断された身体や傷跡。事故でも傷病、手術によるものでも。

下半身不随。


自分は小さい頃からそういう人たちに接して来たので、逆に物珍しいとは思わない。同級生などにも必ず障害者がいたし、それらの人たちと自分が違うと思った事も無かった。

ところが・・・
スターウオーズを劇場で見たときのことだ。

アナキン・スカイウオーカーが自宅の寝室に戻り服を脱ぐシーンがある。そこで彼の義手が写るのだが、その単純に彼の歴史を示すだけのシーン。

あのシーンが観客にショックを与える意図があったのか自分にはわからない。今でも冷静に思い出す事はできないからだ。

これは自分が予測しなかった事だった。

だいたい存在しうるフェチは知っているはずだし、障害者に対するフェチがある事も知っている。だからそれ自体不思議ではないがなぜ急にそれが「セクシーな事」に感じられたのか自分で全く分析できないのだ。


義手がセクシーだと感じたのはこのときが初めてである。


車いすや障害者で普通にセクシーだと思える人物はいる。でもそれは車いすや義足が「セクシー」の原因ではなく、その人物が魅力的だからで、普通人に興味を持つのと特に変わらない。

****

あえて分析するなら「体の傷跡がセクシー」だと思えるのと似ているのだろうか。
自然のフォルムを阻む「傷跡」は本来あるべきではないのかもしれない。ところがそのアンバランスの根源は限りなくエロティックだ。

残念ながらそれを忌み嫌う文化が浸透しているが。

そしてそれを好きだと言ってはいけないような風潮は逆に「偽善者のエリート意識(つまり五体満足の自分の方が上)」でしかない。

スポンサーサイト
 
 
------------------------------------------------------------
 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | top↑






<<伝わらない愛 | Top | 赤灯街外伝 (その2)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://electronicghetto.blog31.fc2.com/tb.php/3-2731009c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。