!--アクセス解析タグ ここから-->

 

9番地 rue d'Antinの住人
Welcome to Electronic Ghetto. 気に入らない内容は読者の判断で回避する事をお勧めします。 This blog is not for immature/closed minded.  



-->


Top | RSS | Admin
スポンサーサイト

【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
------------------------------------------------------------
 スポンサー広告 | この記事のURL | Admin↑ | top↑






ハート

【2006/01/08 04:14】



運命-destiny なんて

到達してみなければわからない




自分で気がついていないだろうが

もうあなたのすべてが俺のもの



あなたは俺の存在を知っているが

あなた自身の心の中までは知らない


『自分が既に俺のものだと』



俺が運命を決めたのではなくて

俺があなたを選択するのではなくて・・・



あなたがどんな女か知らないけど

其れを知った所で何の気休めになるだろう


そしてあなたはきっと

ワインや花には目もくれないで

まっすぐ俺のもとに歩み寄り

そのハートをくれるだろうから・・・




俺は操られたようにそれをえぐりだして

熱い血の最後の一滴まで舐めとるだけ



意識の薄れたあなたの美しい瞳が

最後に見るのは

多分自分の血にまみれた俺の残像


ハートが最後の脈を打つ瞬間に

俺とあなたはエクスタシーを迎える



最後の息が唇から洩れた瞬間に

あなたと俺は

これは宿命-fate なのだと初めて理解する





heart/fate

 
 
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=暗黒(dark theme) - ジャンル=小説・文学

 創作 | トラックバック(0) | コメント(3) | この記事のURL | Admin↑ | top↑






I'll be anything you want...

【2006/01/01 09:01】


この前、俺、あなたの事をなんて呼んでよいかわからなくて・・・

ねえさん、ってのは嘘じゃないけど。

ダッシュボードの下に潜り込んで、ステレオの配線をしながら

『テスター,渡して頂戴』

と言われた時は・・・

わざとあなたに違う物渡した

あなたがダッシュボードの下から出てきてくれるように



誰かとの食事の帰りに

「迎えにきて・・・」

ほろ酔い加減のあなたから電話があって

ぐっすり寝ていたはずなのに

俺はなぜか心が弾むような・・・



何があったのかわからないけど

あなたが目を腫らして帰ってきた時も

俺はあなたの足元に膝をつくばかりで

慰める事もできずに

ただあなたの背をそっとさするだけ





本当はそれだけでいいはずなのに・・・





あなたが必要としている役柄を

俺が演じてあげるから











 
 
------------------------------------------------------------

テーマ=切ない - ジャンル=恋愛

 創作 | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | top↑






Love me and hurt me, because pain does not hurt...

【2005/12/28 14:00】


俺を容赦なく鞭打ってくれ

手加減しないで

痛みは別に俺を傷つけないから・・・



お前が愛してくれるなら

どんな方法でも構わない

俺に苦痛を与えるのが

お前の方法なら・・・


俺の肉体の苦痛など俺の心には

何の影響も与えない


それよりもお前の存在の方が

お前がどこかにいるという事実が

俺の心を苦しめるから・・・





だからそれよりも

俺のそばに来て・・・


俺を鞭打って・・・

俺の皮膚が勝手に血を流しても・・・


俺を鞭打って・・・

どこにも行かないで・・・




俺のそばにいて。


 
 
------------------------------------------------------------

テーマ=恋詩(恋うた) - ジャンル=小説・文学

 創作 | トラックバック(1) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | top↑






mind reader

【2005/12/23 05:20】


いつもあなたは

俺が微笑んで欲しい時に微笑んでくれる

癒して欲しい時に癒してくれて・・・



あなたの声が聴きたい時には
 
なぜか電話がかかって来て

「あなたと話したかったの」って言ってくれる


惜しむ事なく愛をくれるのに

それはわかってるけど・・・


俺の心をあれだけ読んでいるのに

一つだけわかってくれない


 ー「俺はあなたのお金なんて欲しくないんだ」



そう言ってあなたに笑われるのが怖い・・・









 
 
------------------------------------------------------------

テーマ=言葉 - ジャンル=小説・文学

 創作 | トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | top↑






少し進んだ関係

【2005/11/22 06:45】

いつもきみを追いかけているつもりで

突き落とされたように堕ちて行く俺


ダンテがインフェルノに書くまで

地獄の様相なんて誰も知らなかったはず


誰に教えられた訳でもないのに

やっぱり限りなく堕ちて行く


***

いつもきみを追いかけているつもりなのに

逃げている俺


何かが怖くて必死で逃げているけど

俺の足は引きずるほど重い



どうしても逃げられないけど

いつも誰に捕まるのかわからない



***

いつもきみを追いかけていた俺

今日は一人で走ってた


誰にも追いかけられてない

どこにも堕ちて行かない



俺の速度は急激に増して行く

何か拘りが取れたかのように



そして朝日がブラインドの隙間から

洩れて俺は目を醒ます







 
 
------------------------------------------------------------

テーマ=夢小説 - ジャンル=小説・文学

 創作 | トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。